夫として自宅で仕事をしてきてわかったこと・注意すべきこと

竹林 LIFE

自宅兼事務所で実際に仕事を15年してきた経験があります。

こんにちは、シノハラシゲシです。

コロナショックの影響で在宅ワーク率がアップし、家族にとって突然の環境変化に様々な戸惑いがあろうかと思います。

そんな中、夫(男)として自宅で仕事をするときに心がけるべきこと、それは

  • 家の中(空間)は妻が主と心得るw
  • 家では妻のルールに従う
  • あたりまえのことに目を向け、当たり前だと思わずに常に、相手の立場に立って発言・行動することが大切

です。

平和でないと、結局仕事にならない

僕が自宅で仕事をはじめたのは、23歳のころ。
長女の誕生を期に、自宅で仕事をはじめました。

当然、仕事のことで精一杯。

妻のことも、子供のことに関しても全然余裕がありませんでした。

それは、妻も同じだったと思います。

そこで大事になってくるのが、コミュニケーションです。

僕が学んだ妻に絶対に言ってはいけないキーワード

「僕も仕事をがんばっている!」
夫(男)の立場だと必ず言ってしまうこのセリフw
これは、絶対に禁句です。

「手伝おうか?」
これも絶対に言ってはいけません。
言わずにルールに沿ってやりましょう。

僕が学んだ妻に絶対に言ったほうがいいキーワード

「はい」
素直な心で、まず「はい」といいましょう(笑)

「いつも本当にありがとう」
心から、たくさん言ってください。

「そうだね」「そうだよね」
う~んと思うようなことも、はじめにこれを必ず言いましょう(笑)

このブログを書いてて思ったのは、妻(女性)にこびを売るような感じにとられる方もいるんじゃないかということ。

しかし僕自身、人の親や孫まで出来てあらためてわかったこともたくさんあります。

多分女性だけに限らず、このような言動・ふるまいを心がけている人、出来る人は、家庭も仕事でも社会でもうまくいっている人間なんじゃないかなと思うのです。

なので、

まとめ

  • 家の中(空間)は妻が主と心得るw
  • 家では妻のルールに従う
  • あたりまえのことに目を向け、当たり前だと思わずに常に、相手の立場に立って発言・行動することが大切

こんな時だからこそ、なおさらなんだと思います。

こんな偉そうなことを書いている僕も、ぶっちゃけまだまだ精進中ですがw

ともに平和な家庭と日本を目指しましょうv(^^)v

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。

シノハラシゲシ

何か困っていること、気になることはありませんか?

ブランディングやオンライン化、集客、広報活動などでお悩みでしたら、まずはご相談ください。

ZOOMなどで対面でお話をじっくりお聞きして、どんな時もお客様の隠れた困り事や悩みを解決します。

こちらよりお問合わせいただければ、なるべく早く状況や原因を把握します。

それから、どうするのが一番良いかをお客様と一緒に考えます。

「困った時は、とりあえず聞いてみる」

それが、シノハラの正しい使い方です。

小さなことでも、どんな時でも、お気軽にご相談くださいね。

LIFE
SHIGE3.WORK/シノハラシゲシのBLOG