元ひきこもりが、億の売上を生み出すホームページを作れるようになったきっかけとは?【4】

未だかつてない挑戦

SK氏のサポートのおかげで、
ホームページ制作やオンライン集客の
コンサルティングなどの案件は順調に増えていきました。

そんなある日、
地方の住宅会社から一件の依頼がまいこみました。

その内容は、
ホームページ上から新築の家を成約に導けるか?
というものでした。

それまでのほとんどの依頼内容は、
主にBtoB案件(企業対企業)で
BtoC(企業対個人)の案件はこれがはじめてでした。

「新築の家」という高価格帯の商品の
販売・成約というとてつもない難題に私は、
はじめは少し考えさせてくださいと申し出ました。

なぜなら、家どころか物などを
ホームページ上で売った経験や実績など
全くなかったからです。

実はその住宅会社には、
すでにホームページがありました。

一見よく見る普通のホームページ。

その後話をよくよくうかがうと、
そのホームページは、
集客や商売にまったく役にたっていないという。

しかも数百万の契約で発注にもかかわらず、
制作後のサポートやメンテナンスなども
一切ないというひどい内容でした。

私は、その詐欺にも近いような契約内容や
状況にただただ驚きを隠せませんでした。

実は現在でも、クライアントが
何も知らないことを逆手にとって、
多額のリース契約を組ませる制作業者が
後をたちません。

オンラインマーケティングや
ホームページ制作などの専門業者に対して
疑心暗鬼になるのも当然でした。

しかし、社長はこのままでは悔しいと、
なんとかならないものかと
熱心に私に問い続けました。

困った私は、ふと少し前に知り合った
女性起業家が作成した
ホームページのことを思い出しました。

そのホームページは、
100人中100人誰が見てもデザインがめちゃくちゃ。

しかしそのホームページから
毎月400万円以上も商品が
飛ぶように売れているというのです。

その衝撃的なデザインの
ホームページとは、こんな感じでした。

①マスコミに取材された時の写真が貼られたトップページ
②かろうじてわかる商品ページ
③商品を申し込むフォームがあるページ

この3つのページだけでした。

ここからいかにして
そんな売上をあげているのだろうと不思議に思い、
その女性起業家から直接話を聞いていました。

彼女は、メールマガジンを発行していたのです。

しかもその読者数はなんと、15,000人!

つまりメール(手紙)でファンを獲得し、
信頼と信用をがっちり構築していたのです。

デザイン畑出身の私は、
ビジネスにおいて当たり前のように
デザインの役割のほうに
重きをおいていたのでかなり衝撃的でした。

しかし、この女性起業家の話を聞き、
文章だけでも十分にビジネスを
成り立たせることができる
のだと確信していました。

ひょっとしたら、
この方法をおりまぜたら
新築の家も売れるかもしれない…

そういうふうに思った私は、
その社長に今あるホームページとは別に
信頼構築用のホームページの制作と、
Web広告による集客法を提案。

こうして初めての大プロジェクト、
ホームページ上から
新築の家を成約に導くプロジェクトがはじまったのです。

▼第5話「1800万円の新築の家がホームページから売れた!」につづく