自宅で仕事をするのに資格が本当に役にたつのか?

夜の東京駅 働き方

自宅兼事務所で実際に仕事を15年してきた経験があります。

こんにちは、シノハラシゲシです。

  • 資格取得自体に時間がかかりすぎて収入になるまでの時間がかかる
  • 資格取得よりも、自宅にいながら稼げるスキルを身につけたほうがベスト

資格を取得するというプロセスは、
勉強をして→試験を受けて→合格して初めて免許等の資格をいただけるという根本的な流れがあります。

しかもほとんどの資格試験は、大体年に一度しかありません。
落ちたら、また来年です(汗)

そしてその資格試験に無事合格したとしても、その日からすぐに自宅で仕事ができる(いただける)ような資格は現実的に考えてあまりないと思います 。

資格があろうがなかろうが結局問われるのは、実務能力や実績ではないでしょうか?

実際に税理士や行政書士・司法書士などの国家資格をお持ちの方が、よくご自宅でお仕事をされている方がたくさんいらっしゃいます。

しかし資格があるからと言って仕事があるのではなく、やはり経営者としての営業活動のもとに資格を活かしてご自宅で士行を営んでいるというのが実情ではないでしょうか?

私も一応簿記の資格を持っていますが、学んだこと自体役立つことはありますが、相当な資格でなければ仕事に直接結びつけるのは難しいと思います。

だからといって、資格が全く役に立たないと言いたいのではありません。

もし、何も持っていなければ示せるものがあれば仕事になるかな?という考えは、私も常にありました。

しかし営業(仕事を得る活動)自体が苦手で、経営に苦労されている有資格者は、実際にはたくさんいるのです。

なので、資格取得に時間をかけるよりも、自宅にいながらにして「誰かの役にすぐ立つスキルを身につける」という視点を持ってみたほうがスマートではないでしょうか?

まとめ

  • 資格取得自体に時間がかかりすぎて収入になるまでの時間がかかる
  • 資格取得よりも、自宅にいながら稼げるスキルを身につけたほうがベスト

なので、多くの人が能力として求めているスキルを身に着けるために、自宅にいながらオンラインで学べるTechAcademy(テックアカデミー)等でしっかり学び(無料体験や、無料キャリアカウンセリングもありますよ)→スキルを身につけて→実績を積み(信頼度の担保)→仕事を受注することが、自宅で仕事ができるようになる一番の早道だと考えます。

最後までお読みくださりありがとうございました。

シノハラシゲシ

何か困っていること、気になることはありませんか?

ブランディングやオンライン化、集客、広報活動などでお悩みでしたら、まずはご相談ください。

ZOOMなどで対面でお話をじっくりお聞きして、どんな時もお客様の隠れた困り事や悩みを解決します。

こちらよりお問合わせいただければ、なるべく早く状況や原因を把握します。

それから、どうするのが一番良いかをお客様と一緒に考えます。

「困った時は、とりあえず聞いてみる」

それが、シノハラの正しい使い方です。

小さなことでも、どんな時でも、お気軽にご相談くださいね。

働き方
SHIGE3.WORK/シノハラシゲシのBLOG