自宅でWebデザイナーとして仕事をしていくために大事なこと

二年坂(二寧坂) 働き方

自宅兼事務所で実際にWebデザインの仕事を15年してきた経験があります。

こんにちは、シノハラシゲシです。

自宅にいながら、Webデザイナーとして仕事をしていくために大事な事、

それはずばり、

  • 芸術的なデザイン要素よりUXやUIデザインのほうが大事
  • 重要なのは、Webマーケティング部分

グラフィックデザインにも同じことがいえるのですが、仕事の部分部分を担当する中で、デザイン部分だけ担当という仕事は誰にでも任されるセクションではありません。

中には、その部分だけを外注に回しているという会社も存在します。

私は、自宅でWebの仕事をする際に下請けというスタイルだけはとりたくなかったので、Webマーケティングやプログラミングも独学で学びました。

結局Webデザイナーとして喜ばれるのは、デザインがきれいとかいいとかではなくデザインも含めたWebサイト自体が、クライアントにもたらす結果がすべてだからです。

特にWebデザインは、芸術的な要素ではなくUX(ユーザーエクスペリエンス)デザインUI(ユーザーインターフェース)デザインのほうがどちらかというと大事なデザイン要素になります。

そうはいっても、デザイナーとして自分のデザインエッセンスを盛り込みたい気持ちは僕も十二分にわかります。

しかし、デザイナーどうしでいくら「綺麗なWebサイトだね」といくら言われたとしても、そのWebサイトがクライアントやユーザーに対して果たすべき目的やミッションを果たせていなければその綺麗さも意味をなくしてしまいます。

まとめ

なので、

  • 芸術的なデザイン要素よりUXやUIデザインのほうが大事
  • 重要なのは、Webマーケティング部分

というビジネス的な要素を、よくよく理解した上でデザイン要素を盛り込めるWebデザイナーが、仕事のとれるWebデザイナーだと思います。

実際、僕もそんな感じで進化していくことで仕事の単価をあげていきました。

これから先は、特にスマホアプリのUX(ユーザーエクスペリエンス)デザインやUI(ユーザーインターフェース)デザインは、身に着けておくべきデザインスキルだと思います。

本日も最後までお読みいただき、ありがとうございました。